ゆとりーまん白井涼太の投資ブログ

ゆとり世代サラリーマン投資家が、お金・資産運用・仕事・人生等について考え経済的自由を目指すブログ

雑記

ロナルド・リード的な資産形成者が周囲に少ないのはなぜ?

投稿日:

スポンサーリンク

配当再投資戦略で成功した投資家として有名なロナルド・リードさん。

92歳で亡くなるまでに10億円近い資産を作っている。
その投資方法はごく普通の配当再投資戦略だ。
しかもパフォーマンスはS&Pをやや下回っている。

インデックス投資やシーゲル流投資が広まる中、誰でもできそうな投資方法である。
それなのに彼のような成功者の話をあまり聞かないのはなぜだろうか?

結婚してるの?子供は?実は超節約家?

彼の成功の理由と同類の成功者が少ない理由を分析してみる。

ロナルド・リード氏

1922年:アメリカのバーモント州に生まれる
1939~1945年:第2次世界大戦
?~?年:25年間ガソリンスタンド勤務(恐らく23-48歳)
?~1997年:その後百貨店で用務員として勤務(75歳まで働いてる!?)
2014年:92歳で死去

見た目は気の弱そうなアメリカンおじいちゃん、中身は超倹約型長期投資家。
近所の友人に”彼が週50ドル稼いだら40ドルは投資してるだろうね”と評されている。
車は中古のYaris(ヴィッツ)。子2人連れの妻と結婚。

37歳の時、2380ドル(現在価値で約100万円程)でPCG株を買ったのが最初の投資。
配当再投資で最終的に95銘柄を保有。

高給取りでもなければ、投資を始めたタイミングも37歳とやや遅い。
彼より若い時から多くの資金で投資している人が沢山いるにも関わらず、
彼のような話はあまり聞かない。

成功の鍵は長寿と支出の少なさにあるように思われる。

スポンサーリンク

長寿による複利効果の享受

92歳までの運用となるとその複利効果は大きい。
同期間のアメリカの平均インフレ率は約3%、株式リターンが約10%。

・・・以下は情報が無いため想像で補完しています・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リターン:9%(課税ロス等を考慮したため)
年間追加投資金額:180万円(60歳まで。インフレ調整前。)
初期投資:37歳時点の400万円。(現在価値約2000万円相当)
(ネットでは2380ドルとの情報が多いが、超節約家の彼が37歳で100万円相当しか
種銭を持っていないのはあまりに不自然。最初の購入銘柄が100万円だっただけでは?
倹約精神が最初からあったと想定し2000万円相当で試算した。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これを9%複利で運用すると92歳時点での資産額と大体一致する。

ロナルドリードの資産推移予想チャート

市場のブレを平たくすると彼の資産推移はこんな感じだったと思われる。
60歳時点では資産額6000万円強。意外にに大したことは無い。
しかし彼の資産の9億円近くは60歳以降の青い色部分で作られている。

恐るべし、複利パワー。
彼の成功のカギの1つは92歳まで投資を続けてきたことだろう。

そんなに長生きできないし、投資の判断力を90歳まで維持できないって?
長寿による複利の恩恵は、投資をより若いうちに投資を始める事でも得られる。

その点20代の米国株投資家は上記グラフを左に10年ずらした推移をたどる可能性がある。
あのロナルド・リードに対して優位性を持っているのである。
未来のロナルド・リードはあなたかも知れない。

ちなみに同期間の日本株のリターンは約5%。
50年も前に米国株投資をしている日本人はいないだろうから、
日本人でロナルド・リード的成功者人が少ないのはこれが理由だろう。

超倹約生活

彼の家庭には妻と妻の連れ子が2人がいた。

先ほどの仮定では年間180万円ペースで増資している想定であった。
月当たり15万円程の追加投資である。

低給与職だった彼の年収は恐らく手取り300万円程度だったと考えると、
月25万円の手取りのうち
15万円を投資に回し、
10万円で家族4人の生活を支えたことになる。
※日本の家族4人の平均支出は約24万円らしい。

そこら辺の節約ブロガーが周回遅れにするくらいの低コスト生活をしていた模様。
なかなかにぶっ壊れの貯蓄精神である。

さすがに中古のヴィッツに乗って、駐車場代をけちって歩き、
古いコートを安全ピンで留めて着るだけのことはある。

ちなみに上記シュミレーションの場合、
追加投資無しでも92歳時点で5億円弱まで増える。これでも十分。

ロナルド・リード的成功をつかむには?

彼は株の売買に優れていたわけではなかった。
また日本株では彼のような成功は得られなかっただろう。
市場平均を下回るパフォーマンスでもリターンの高い米国株に長期間投資し続けたことが、
成功の秘訣だった。

20代や30代の米国株投資家なら大きな支出(住宅や高級車等)でもしない限り、
彼を超えられる可能性は十分にあるだろう。そこまで難しい事でもない。

でも同時に分かることがもう1つの事実がある。

彼の資産の9割は60歳以降に作られている。
9%の複利計算だから当然と言えば当然。
でも年寄りになってお金が沢山あってもその幸福度は小さいだろう。

若者の100万円と年寄りの100万円では得られる幸福の量が違う。
若い時にしか得られないモノもある。

彼の倹約精神も成功の要因の1つだが、
倹約のし過ぎで幸福度が下がってしまっては本末転倒である。
若い内でも価値ある支出はケチるべきではないだろう。

スポンサーリンク

PC記事下部

スポンサーリンク

PC記事下部

スポンサーリンク

-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

retirementと書いてある看板の画像

70歳定年時代が来る?

スポンサーリンク 忙しすぎてなかなかブログが更新できない。 仕事をしながら毎日ブログを更新している人はホント尊敬します。 私はマイペースに更新していこうと思います。 疲れた体に日本経済新聞でこんなニュ …

no image

本田静六の四分の一天引き貯金法は独身だと逆効果の場合も

スポンサーリンク 本田静六は日本の林学博士、造園家、株式投資家です。 彼が莫大な資産を築いた方法として”四分の一天引き貯金法”という蓄財法が有名です。 彼は9人家族を養いながら給与の四分の一を先に貯金 …

グラフとそれを分析する虫眼鏡の画像

目標達成のためにする4つのこと

スポンサーリンク 私は2017年にバケツリストの項目をできるだけ実現することを目標としている。 しかし闇雲に努力しても恐らく達成は不可能だろう。ロジカルな達成方法を考えた。 1:選択と集中 バケツリス …

1ドル札の画像

外国税額控除の計算例

スポンサーリンク 年間取引報告書がそろったので有給を取得して確定申告をしています。 2016年の途中から米国株投資を始めたため、 今回は外国税額控除申請も行います。 米国の現地所得税10%の源泉徴収の …

布団の上で眠る猫の画像

一人暮らしvs実家暮らし いくらぐらい金額に差がでるのか?

スポンサーリンク 社会人になるとだれもが一人暮らしを考えますよね。 勤務地によっては実家暮らしと一人暮らしから選択することができる。 一人暮らししないと自立した人間になれない等とネガティブなイメージを …

プロフィール

Author:白井涼太(29才)
東海地方在住のゆとり世代サラリーマンです。ブログ上でお金や仕事について考察することで同じような誰かの参考になれば幸いです。投資は自己責任でお願いします。

最近のコメント

    ブログ村バナー

    リンク集

    ■相互リンクになる予定
    リンクはご自由に
    というか相互リンク相手を熱望!